TEAMユースのプロジェクトを一緒に創ってみませんか?

企業や団体のプロジェクトに参画し、新たな価値創造に貢献するインターンシップ“GENBA CHALLENGE”。

若者の力を活かした地域活性化をプロデュースするとちぎユースサポーターズネットワークでも、成長意欲のあるインターン生が生み出す力を求めています。

ユースが手がける事業の部門担当スタッフの右腕として、一緒にプロジェクトを運営してみませんか?

ページ下部の募集プロジェクトの中で、興味が湧くものがあったら、お気軽にユースまでお問い合わせください。

 

特徴

  • NPO法人の事業運営の現場を間近で見ることができる
  • 自分の力でプロジェクトを運営する実践力が身につく
  • 活動を通して、とちぎを面白くするために活動する魅力的な人や団体の価値観に触れることができる

応募方法

希望者は以下よりエントリーシートをダウンロード、記載の上、当事務局までお送り下さい。

追ってこちらよりご連絡いたします。

実践型インターンシップ エントリーシート ダウンロード

応募先

ysn_officeアットマークtochigi-ysn.net

(件名を「ユースインターン希望」としてください)

 

募集プロジェクト①

“共感”の輪を広げる 寄付キャンペーン仕掛け人プロジェクト

仕事内容

  • お金をかけずにNPOを応援できる「gooddo」「ホンdeチャレンジ」の広報活動
  • 同サービスについての新しい周知方法の検討
  • 支援者獲得のためのキャンペーンやイベント企画運営

得られる経験

  • NPO支援の個性的なサービスについて知ることができる
  • ファンドレイジングについて理解を深めることができる
  • イベントやキャンペーンの企画運営に携わることができる

勤務条件

期間

6ヶ月程度(300時間)

勤務頻度

学期中:週1~2日程度

長期休暇中:週3~4日程度

勤務時間

平日10:00~20:00の間で応相談

 

募集プロジェクト②

TEAMユースの挑戦のストーリーを発信!会員の活動取材・発信プロジェクト

仕事内容

・過去のiDEA→NEXT卒業生及び会員の社会プロジェクトの取り組み把握

・取材内容の検討(インタビューの狙いの設定や質問事項)

・インタビューの取材実施及び記事の作成

ほか

得られる経験

  • 様々なステージから社会のために活動する先輩の価値観に触れることができる
  • 取材を行い、文章にまとめる力が身に付く
  • アポイントメントの取り方をはじめとするビジネスマナーが身に付く

勤務条件

期間

3ヶ月程度(150時間)

勤務頻度

学期中:週2日程度

長期休暇中:週3日程度

勤務時間

平日9:00~18:30の間で応相談

 

募集プロジェクト③

僕たちの拠点は、ぼくたちでつくる。 若者たちを巻き込み、ともに成長するコミュニティマネージャー求む!

仕事内容

夏休みと春休みの期間限定でオープンなスペース“Base camp(仮)”(文化交流拠点)を設け、所属を超えた若者(15‐25歳)が集い、出会い、学ぶ場を創るプロジェクト。高/大学生団体や県内NPO/行政などと連携し、期間中チャレンジしたい若者たちと様々なアイデアを形にしたプログラムを提供する。

◎場の企画運営、広報、事務局業務のほか、多様なセクターを巻き込むコーディネートなど、プロジェクトの実現に向けてトータルに携わる

得られる経験

  • プロジェクトの企画・立案・実行まで責任をもってやり遂げる経験
  • 同世代や後輩世代の学生、そして企業や行政といった多様なセクターとの出会いを通して、自身の生き方や働き方の視野を拡げる機会
  • 協力者など人を巻き込みながら実行する力、参画の仕組みづくりを自ら考え、提案し、実践する機会

勤務条件

期間

2017年7月以降~2018年3月(150or300時間どちらでも可)

勤務頻度

学期中:週2日程度

長期休暇中:週4日程度

勤務時間

平日10:00~19:00の間で応相談

 

募集プロジェクト④

地元と都会、2つのローカルを持つ新しいライフスタイルを育め!都会ととちぎをつなぐコーディネーター募集

仕事内容

コンパスは2015年から栃木県地域振興課と協働し、「あなたの暮らしに、ローカルを10%プラスする」をコンセプトに、都市部に住みながらローカルと関わりを持つライフスタイルを提案しています。東京都に住む若者(とちぎに縁のあるも含む)に向けて、とちぎの「ひと」と「まち」とつながるツアーや定期的に集まる場を作り、その人らしい暮らしや生き方・働き方の実現を応援しています。

◎都会ととちぎをつなぐコーディネーター

プロジェクトメンバーの一人となって、プロジェクト業務全般に携わる。また同世代の若者たちに、「とちぎ」という選択肢を知ってもらうため、SNS等を活用し、広報PRにも取り組む。

得られる経験

  • プロジェクト全般に携わり、最後まで責任をもってやり遂げる経験
  • 同世代や後輩世代の学生、そして企業や行政といった多様なセクターとの出会いを通して、自身の生き方や働き方の視野を拡げる機会
  • 地域の魅力や価値をどのように編集し発信するのか、素材発掘から伝え方まで広報の実践

勤務条件

期間

2017年7月以降~2018年3月(150or300時間どちらでも可)

勤務頻度

学期中:週2日程度

長期休暇中:週3~4日程度

勤務時間

平日10:00~19:00の間で応相談