地域づくり活動に必要な、たくさんのこと。

人の巻き込み方や地域の魅力の打ち出し方、資金の集め方と使い方。そんな「実践者」がぶつかる多くの壁を乗り越えるヒント、たくさん集めました。

開催概要

開催日 2017年12月2日(土)、2018年1月27日(土)、2018年2月10日(土)

※お好きな回のみの参加もOK!

会場 栃木県庁本館9階 会議室3

※お車の方は、県庁地下駐車場をお使い下さい。

定員 各30名

参加費 無料

内容 講師による講義 グループワークなど

スケジュール・プログラム・講師紹介

2017年12月2日(土)  13:00-16:00

地域資源を活かす!住民参加で仕掛ける地域活性化

空き家プロジェクトnanoda 代表 山田崇 氏

長野県塩尻市職員。「実際に住んでみないと商店街の現状・課題はわからない」と、地元商店街に空き家を借りて住み、「空き家から始まる商店街の賑わい創出プロジェクトnanoda」を開始。「目の前のひとりを救えない人に、みんなは救えない。」と、ローカルな視点で町おこしに取り組む。「公務員が元気なら、地域は絶対元気になる」がモットー。2014年「地域に飛び出す公務員アウォード2013」大賞を受賞。

 

2018年1月27日(土) 13:00-16:00

地底湖カヌー(宇都宮市大谷地区)を仕掛けたOHYA UNDERGROUNDに学ぶ地域資源の磨き方、魅せ方

有限責任事業組合(LLP)塩田大成 氏(株式会社ビルススタジオ 代表取締役)

株式会社ビルススタジオ代表取締役。セントラル・セント・マーチンズ美術大学院にて美術修士号取得。宇都宮市もみじ通りで、不動産・建築設計・地域プロデュース・グラフィックデザインなど、「空間/場所づくり」に関わる全ての業務を行う。もみじ通り界隈づくり、栃木県初のシェアハウス「KAMAGAWA LIVING 」、地域価値創造プロジェクト「OHYA UNDERGROUND」などをプロデュース。

 

2018年2月10日(土) 13:00-16:00

地域の課題を解決していくために必要な志(資)金の扱い方、調達の仕方

公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事 木村真樹 氏

地方銀行勤務を経てA SEED JAPAN事務局長やap bank運営事務局スタッフ等を歴任。地域の課題解決に地域の“志金”を生かす「お金の地産地消」を推進したいと、コミュニティ・ユース・バンクmomoやあいちコミュニティ財団を設立し、ソーシャルビジネスへの資金支援とボランティアとの伴走支援に取り組む。「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」国内部門賞や「日本パートナーシップ大賞」地域ファイナンス賞を受賞。

お申込み

下部のフォームよりお申込みください。

メッセージ欄に、希望の参加日をお書きください。1回から複数回まで、お好きな回の参加が可能です。