とちぎの新しい物語をつむぐ。

とちぎがもっと楽しく、ワクワクする地域になる。
あなたの想いや、経験に基づいたアイデアの種。
若者視点で、社会がもっと豊かに、楽しくなるアイデアを募集するiDEA→NEXT。

2012年度からスタートし、今年で5回目の開催となります。
iDEA→NEXTから巣立った若者たちの中には起業した者、継続してプロジェクトにトライしている者など様々です。

このファイナルプレゼンテーションでは、2度の審査を通過した、iDEA→NEXTのファイナリストたちが、一般観覧者(オーディエンス)の前でプレゼンテーションを行い、各賞を決定するという公開プレゼンテーションとなっています。

またiDEA→NEXTのオーディエンスはファイナリストたちを後押ししたり、アイデア実現に協力を申し出たり、とファイナリストとオーディエンスの距離が近いのもiDEA→NEXTの魅力です。あなたもオーディエンスの一員として、とちぎの未来を豊かに楽しくするアイデアを支えてみませんか?

続報は決まり次第、こちらのイベントページを更新していきます、ご期待ください!

エントリー者の歩みはこちら

  • 2017/01/14-15 iDEA→NEXTギャザリング
    2017エントリー者たちが最初に挑む、合宿型のアイデアブラッシュアッププログラムです。今年度より一次審査会を兼ねています。
  • 2017/01/31-02/21 ブラッシュアップ研修(毎週火曜日開催)
    毎週火曜日に定期的なブラッシュアッププログラムを開催しています。
  • 2017/02/28 一次審査
    エントリー者たちの中より2017年3月12日開催のファイナルプレゼンテーション登壇者を決定する審査会を開催します。

当日のプログラム

2017 ファイナリストたちによるアイデアプレゼンテーション

昨年度受賞者による活動報告

iDEA→NEXT2016グランプリ

一般社団法人虹(なないろ)のあしもと
代表理事 中尾貞人さん

昨年度からの活動経過レポートはこちら

2017 ファイナリスト紹介

Coming Soon!(2017/02/28の審査会で決定)

2017 ファイナルプレゼンテーション 審査員紹介

(50音順・敬称略)

栃木県
産業労働観光部 経営支援課
中小・小規模企業支援室長
伊東 和彦

栃木県に入職後、産業政策のほか、市町村行財政、認知症対策、男女共同参画等の業務に従事。その傍ら、クラブや音楽バーのDJとして活動し、ラジオの音楽番組にも出演中。座右の銘は「社会の一隅を照らす」。

日本政策金融公庫 佐野支店 国民生活事業
支店長兼事業統轄
加藤 久美子

秋田県生まれ。昭和57年旧国民生活金融公庫宇都宮支店入庫。その後、さいたま支店、佐野支店、上野支店を経て、平成28年4月より現職。当公庫は、全国152支店を有する政府系金融機関で、事業資金の融資先数は小口融資を主体に89万企業。セーフティネット機能を発揮し、小規模事業者の資金繰り支援を行っている。また、女性支店長は、152支店中、当支店も含め2支店のみで、数少ない女性管理職として女性活躍推進にも取り組んでいる。

NHK宇都宮放送局長
松本 春枝

神奈川県出身。NHK入局後、主に総務・人事業務に携わる。人事労務部副部長、放送技術研究所総務部長、人事局ワーク・ライフ・バランス推進事務局長を経て平成28年2月から現職。人事局では、管理職の女性比率の目標値を掲げて女性の登用を進めるとともに、男女ともに働きやすい職場を目指して長時間労働縮減などの働き方改革などに取り組んだ。

and more…!

メンター紹介

iDEA→NEXT2017エントリー受付のページにて掲載しております。

観覧お申込

当イベントページ下部の「参加申し込み」よりお申込。

もしくはFacebookページ(近日公開)より「参加予定」のご表明。

協賛企業・寄付者紹介

※2017/2/03現在・50音順・敬称略

協賛企業A

株式会社栃木銀行

協賛企業B

協同組合宇都宮餃子会

kids-rogo

株式会社キッズコーポレーション

行政書士久我法務事務所

こらぼワーク

株式会社ジード

協賛企業C

合同会社Crew

有限会社コーチ精機

株式会社ワークエントリー栃木事業部

ご寄付

 

新井裕子/安西克巳/安藤正知/安藤芳樹/石塚明由子/伊藤正嗣/枝川尚樹/加藤裕貴/カヌマ大学/川島優太/小澄敏和/小堀良太/小松優希/近藤千園/佐藤大地/鈴木彩華/鈴木孝美/砂田薫/高松英男/土崎雄祐/内藤さつき/中村浩輔/野口武/パソコン太郎/林和輝/福田燈/藤井佐知子/堀井雅行/松本昌宏/溝越剛/簑田理香/三村友宏/門間大輝/山崎喜生/吉澤幸彦/株式会社リアンコーポレーション

(50音順・敬称略)

ただいまiDEA→NEXTへご賛同いただける方からのご支援(寄付・企業協賛)を募集しております。いただいたご寄付はiDEA→NEXT受賞者への活動支援金や運営資金として使わせていただきます。詳しくは以下のページをご覧下さい。

kifu2016-2

寄付キャンペーン2016 特設ページ
http://www.tochigi-ysn.net/supportus/2016/

後援/協力

朝日新聞宇都宮総局/足利市民活動センター/宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(協力名義)/国立大学法人宇都宮大学/NHK宇都宮放送局/株式会社エフエム栃木/大田原市教育委員会/小山市市民活動センター/かぬま市民活動広場ふらっと/佐野市市民活動センターここねっと/産経新聞社宇都宮支局/下野市生涯学習情報センター/下野新聞社/大学コンソーシアムとちぎ/とちぎ学生未来創造会議/とちぎ協働デザインリーグ(協力名義)/栃木県/公益社団法人栃木県経済同友会/一般財団法人栃木県青年会館/とちぎ市民活動推進センターくらら/一般社団法人とちぎニュービジネス協議会/株式会社栃木放送/日光市民活動支援センター/野木町ボランティア支援センターきらり館/毎日新聞社宇都宮支局/壬生町町民活動支援センターみぶりん/真岡市市民活動推進センターコラボーレもおか/読売新聞宇都宮支局

(50音順・2017年2月3日現在)

サポーター募集

iDEA→NEXT 2017 ファイナルプレゼンテーション直前の制作物の補助、当日の運営をご協力いただけるサポーターを募集しております。

  • 共に、この大舞台を支え、創りあげてくださる方
  • 地域活性化やソーシャルビジネス、NPO活動、イベント運営などに興味がある方
  • 若者のチャレンジを応援したいという想いを持っている方

是非一緒に活動しませんか?

サポーターお申込の方は以下の必要事項を記入の上、下記メールアドレスまでご連絡下さい。おって担当者よりご連絡させていただきます。

  • お名前
  • メールアドレス
  • ご所属
  • 年齢
  • 志望動機(簡単で結構です)

メール送信先:
ysn_officeアットマークtochigi-ysn.net

件名:
iDEA→NEXT2017サポーター申込

皆さまのお力をお貸し下さい。どうぞよろしくお願いいたします。